鉄腕アトム (16)

300円 (税別)

獲得ポイント 3pt (1%還元)

ロボットだけの国をつくるため、アトムとウランはアフリカに飛ぶ。そこで発見した光る十字架によって、ウランは超能力を身につけた!ウランを救世主とあおぐ、メラニン一族の王子ブルボは、何をねらっているのか!?

無料立ち読み(20ページ)

カゴに追加 300 円(税別)

ロボットだけの国をつくるため、アトムとウランはアフリカに飛ぶ。そこで発見した光る十字架によって、ウランは超能力を身につけた!ウランを救世主とあおぐ、メラニン一族の王子ブルボは、何をねらっているのか!?

  • 完結
平均評価(5.0 レビューを見る
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧18冊の書籍

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

手塚治虫先生の業績を記念し1997年に創設された手塚治虫文化賞。先日、今年の受賞作が発表になりました。賞を主催する朝日新聞社さんが設けるサイトで、各受賞作品とコミックの表紙画像が紹介されています。ふと見ていると、一連の受賞作品の中に「あのジャンプ」というタイトル」があります。「あの」って…? さらに横には、しわくちゃになった少年ジャンプの画像が…。一体なんだろうと思い、続きを読んでみると、これは昨年の震災のとき、被災地の仙台で、子どもたちがみんなで回し読みしたという、あの「少年ジャンプ」そのものの画像なのだそうです。実際にその場に立ち会った塩川書店の塩川さんという方のコメントが掲載されていました。「子どもがマンガを読んで笑えば、大人も笑顔になる。マンガは人々をあったかくしてくれたんですよ」。子どもたちを元気づけるという偉大な仕事をなし終えた一冊の「少年ジャンプ」。ボロボロになってしまったその姿が、すごく輝いてみえます。(2012/5/1)
  • 参考になった 0

ユーザーのレビュー

(5.0)

投稿日:2016年03月26日

はじめてハマった漫画 ネタバレあり

コミックス版は2巻ずつ姉と交互に購入していった。結局途中から自分だけが買うようになり。別巻が出るのが随分遅くて間が空いた記憶がある。
本巻は地上最大のロボット編。汚い手を使いながらプル-トゥが勝ち続けるわけだけれど、子供の頃はそのやり口になんて酷い奴だとか思ったモノだが。大人になっていろんな小説を読んだ今となっては感想は違う。池波正太郎・吉川英治・山田風太郎をはじめとした剣客小説やら西洋の騎士道モノでは無い決闘物を読んだり、現実の生活の場における闘いを生き抜くに当たり、順当な立ち会いなど現実には有り得なくてともかく可能な手段を思いつく限り探すのは当然と考えるようになった。読み返すたびに見えてくるモノが違ってくるそんな作品の一つだと思う。アトムの中ではこれとアトム今昔物語が初めて読んだ時と今読む時の感想が異なる代表的な話。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。