人間力を高める脳の育て方鍛え方

1050円 (税別)

獲得ポイント 11pt (1%還元)

うまく生きるより、よく生きよ! 生物の法則に適った生き方は、日本人の伝統的な生き方にあった! 日本の伝統に学ぶ、賢い脳の育て方・鍛え方。95歳の著者は現在、日本外科学会名誉会長を務め、これまでに立ち会った胃がんの手術は2000症例余。医学を通して人間と向き合ってきた“達人”です。一方、60歳から趣味として始めたピアノのレッスンでは、95歳の今、モーツァルトのソナタを弾く腕前を楽しんでいます。「定年後のピアノ」は脳の活性化に大変よいそうですが、何であれ、自分が夢中になれる趣味を持ち、それに没頭する時間を持つことが、新たな創造と生きがいを生むそうです。本書では、そんな“達人”が、生物学と脳科学の視点から、日本人の伝統的な生き方に光を当て、その“科学的な素晴らしさ”を力説しています。特に、江戸期の教育法は、科学的にも理にかない、優れたものであったことを強調しており、躾(しつけ)や道徳教育の今日における必要性を訴えています。また、日本の伝統的な芸道の「型」には、人間の能力を引き出すための知恵が詰まっているとして、「生き方の極意」として示しています。

カゴに追加 1050 円(税別)

うまく生きるより、よく生きよ! 生物の法則に適った生き方は、日本人の伝統的な生き方にあった! 日本の伝統に学ぶ、賢い脳の育て方・鍛え方。95歳の著者は現在、日本外科学会名誉会長を務め、これまでに立ち会った胃がんの手術は2000症例余。医学を通して人間と向き合ってきた“達人”です。一方、60歳から趣味として始めたピアノのレッスンでは、95歳の今、モーツァルトのソナタを弾く腕前を楽しんでいます。「定年後のピアノ」は脳の活性化に大変よいそうですが、何であれ、自分が夢中になれる趣味を持ち、それに没頭する時間を持つことが、新たな創造と生きがいを生むそうです。本書では、そんな“達人”が、生物学と脳科学の視点から、日本人の伝統的な生き方に光を当て、その“科学的な素晴らしさ”を力説しています。特に、江戸期の教育法は、科学的にも理にかない、優れたものであったことを強調しており、躾(しつけ)や道徳教育の今日における必要性を訴えています。また、日本の伝統的な芸道の「型」には、人間の能力を引き出すための知恵が詰まっているとして、「生き方の極意」として示しています。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

1~1件/1件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。