地政学で読む世界覇権2030

2400円 (税別)

獲得ポイント 24pt (1%還元)

中国、欧州、ロシアは次々に自滅。世界は確かに破滅に向かっている。しかし、アメリカだけがそれを免れる。気鋭の地政学ストラテジストが、2030年以降の世界地図を読み解く。ベストセラー『100年予測』著者のジョージ・フリードマンが1996年に設立した影のCIAとも呼ばれる情報機関「ストラトフォー」。影のCIAとも呼ばれるその機関で、著者はバイス・プレジデントまで上り詰めた。ウォール・ストリート・ジャーナル、ブルームバーグ、AP、フォーブスなど、多数のメディアが彼の分析に注目している。『100年予測』やランダース『2052』、英エコノミスト編集部『2050年の世界』、カプラン『地政学の逆襲』、トマス・フリードマン『フラット化する世界』につづく未来予測の新機軸。●2030年までに、いったんは米国中心主義が薄れる。●しかしその後、ロシア、欧州、中国は次々に自滅し、アメリカは世界で圧倒的な超大国になる。●世界各地で紛争が勃発し、アメリカのライバルたちは疲弊する。●地理的に離れているため、世界で起きる紛争はアメリカに影響しない。●地形のおかげでアメリカはすでに必要なものをすべて手に入れている。●アメリカの人口構成が若返り、ふたたびキャッシュを生み出す。

カゴに追加 2400 円(税別)

中国、欧州、ロシアは次々に自滅。世界は確かに破滅に向かっている。しかし、アメリカだけがそれを免れる。気鋭の地政学ストラテジストが、2030年以降の世界地図を読み解く。ベストセラー『100年予測』著者のジョージ・フリードマンが1996年に設立した影のCIAとも呼ばれる情報機関「ストラトフォー」。影のCIAとも呼ばれるその機関で、著者はバイス・プレジデントまで上り詰めた。ウォール・ストリート・ジャーナル、ブルームバーグ、AP、フォーブスなど、多数のメディアが彼の分析に注目している。『100年予測』やランダース『2052』、英エコノミスト編集部『2050年の世界』、カプラン『地政学の逆襲』、トマス・フリードマン『フラット化する世界』につづく未来予測の新機軸。●2030年までに、いったんは米国中心主義が薄れる。●しかしその後、ロシア、欧州、中国は次々に自滅し、アメリカは世界で圧倒的な超大国になる。●世界各地で紛争が勃発し、アメリカのライバルたちは疲弊する。●地理的に離れているため、世界で起きる紛争はアメリカに影響しない。●地形のおかげでアメリカはすでに必要なものをすべて手に入れている。●アメリカの人口構成が若返り、ふたたびキャッシュを生み出す。

  • 紙と同時
レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。