灰と幻想のグリムガル level.8 そして僕らは明日を待つ

611円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

幾多の危機を越えグリムガルへの帰還を果たしたハルヒロたち。しかし、戻ってきたとはいえ、出口の先は人間族の勢力圏から遠く離れた土地だった。偵察に出たハルヒロとユメは、幸運にもクラン「暁連隊(DAYBREAKERS)」に所属する“颱風(タイフーン)”ロックスたちと出会う。だが彼らはある目的のため、オークや不死族の集団と戦っており、ハルヒロたちも、更には残っていたランタとメリイ、クザクとシホルの4人も別々に行動し、戦闘に巻き込まれてしまう。ようやく戻ってきた世界でも、待っていたのは仲間と更なる出会いと戦いだった。灰が舞い、幻想を越えた先に何が待つのか、いまはまだ誰も知らない。

カゴに追加 611 円(税別)

幾多の危機を越えグリムガルへの帰還を果たしたハルヒロたち。しかし、戻ってきたとはいえ、出口の先は人間族の勢力圏から遠く離れた土地だった。偵察に出たハルヒロとユメは、幸運にもクラン「暁連隊(DAYBREAKERS)」に所属する“颱風(タイフーン)”ロックスたちと出会う。だが彼らはある目的のため、オークや不死族の集団と戦っており、ハルヒロたちも、更には残っていたランタとメリイ、クザクとシホルの4人も別々に行動し、戦闘に巻き込まれてしまう。ようやく戻ってきた世界でも、待っていたのは仲間と更なる出会いと戦いだった。灰が舞い、幻想を越えた先に何が待つのか、いまはまだ誰も知らない。

  • 紙と同時
平均評価(5.0 レビューを見る
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧11冊の書籍

1~11件/11件 を表示

  • 1
  • 1

ユーザーのレビュー

(5.0)

投稿日:2016年01月29日

戦いの現実ってこうだよなぁ

主人公が無敵とか隠された超絶能力を持ってるとかそんなのが無く、
ホントに弱くてボロボロになりながら敵を倒し経験値を稼いでいくリアルさが面白いかも。

ちょっと始めからキャラクターが多すぎるかなぁと思ったけど、
一人ひとりしっかりと役割があるというか上手く書き分けられているのがいいですね。

ただ設定自体はありきたりだけどさ。
異世界に急に召喚されてサバイバル的な展開なんてラノベじゃよくある話。
でも、主人公たちが本当に苦悩しつつ仲間の死という現実を受け止めながら成長していくってのは
今のラノベ界ではあんまり無いかもしれませんよね。

だからかなりハマっちゃいました。おすすめです!
  • 参考になった 3

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。