書籍の詳細

奈良最高位・久鹿家の跡取り鹿の白羽と、拾われ子で人間の草介は幼馴染の腐れ縁。使用人の子でしかない草介に、白羽はいつも全身で好きだと伝えてくる。尽くされて優越感を覚えつつも、白羽の想いには気づかないフリで一線は越えない間柄だった。…はずなのに! 発情期の白羽が我慢の限界を越えて襲いかかってきた!! 2人の関係が崩れ、草介は貞操の危機!?鹿が治める街、奈良まほろばを舞台に繰り広げられる幼馴染同士の和ファンタジーラブ!

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

まほろばデイズのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    鹿
    しずる感あり。エロ少なめ。適度に濃厚。タッチ網掛け。カラーでぜひ読みたい。まるまる1冊がひとつの鹿ファンタジー。
    連載中から読んでいて、毎回続きを楽しみにしていたお話。この作家さんの作品では1番面白いと思う。東大寺で鹿を見ると、によによして困った経験有り。
    鹿男攻。ツンデレ。尽くし型。体格差。角生えてるよ?ヒコかわいい。鹿煎餅屋さん受。お手伝い有り。毎日ゲームやって飯食って、そもそも楽しそう。お父様カッコイイ。鹿ってあっち強そうだよね?鹿の角があれな薬だしね?
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年04月25日
  • 全部、愛。
    絵が嫌いでなければ読んで欲しい。和物ファンタジーモノ。
    幼馴染みの鹿と男の話。前情報無しで読み始め、突然泣かされました。深い愛に。各々の思う気持ちに。泣きながら読みました。
    • 参考になった 7
    投稿日:2016年01月29日