原著 乳房腫瘤診断における液状化検体細胞診の有用性 不適正標本の改善について

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】抄録 乳腺穿刺吸引細胞診において,穿刺針内に残存している細胞を洗浄し,液状化検体細胞診(Liquid Based Cytology:LBC)標本の作製を行うことで不適正標本を減少しうるかを検討した.従来法にLBC法を付加した延べ205件に対し,従来法単独とLBC法を付加した場合の不適正標本の数を比較した.従来法による標本で,細胞数不足または血液の混入が過多で細胞の観察が困難であった標本は109件であった.その109件の不適正標本のうち,LBC法を付加することで38件(35%)が診断可能となった.従来法にLBC法を付加することで不適正標本を減少させることができる.

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】抄録 乳腺穿刺吸引細胞診において,穿刺針内に残存している細胞を洗浄し,液状化検体細胞診(Liquid Based Cytology:LBC)標本の作製を行うことで不適正標本を減少しうるかを検討した.従来法にLBC法を付加した延べ205件に対し,従来法単独とLBC法を付加した場合の不適正標本の数を比較した.従来法による標本で,細胞数不足または血液の混入が過多で細胞の観察が困難であった標本は109件であった.その109件の不適正標本のうち,LBC法を付加することで38件(35%)が診断可能となった.従来法にLBC法を付加することで不適正標本を減少させることができる.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧12冊の書籍

1~12件/12件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。