【血栓・塞栓症からみた肺高血圧症】 III 肺血栓塞栓症における凝固・線溶機能 6 抗リン脂質抗体等の自己抗体による肺血栓塞栓症

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<論文のポイント> [1]抗リン脂質抗体症候群は、血中に抗リン脂質抗体が証明され、各種動静脈血栓症や妊娠合併症を来す自己免疫疾患である。[2]APSの動脈血栓症は脳梗塞が多く、静脈血栓症は、下肢の深部静脈血栓症とそれに続発する肺血栓塞栓症が多い。静脈血栓症の約4%に、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の10~20%に抗リン脂質抗体が認められるとの報告もある。[3]抗リン脂質抗体の測定法には、ループスアンチコアグラント、抗カルジオリピン抗体、抗β2グリコプロテインI(β2GPI)抗体があるが、近年ホスファチジルセリン依存性抗プロトロンビン抗体が注目されている。[4]抗リン脂質抗体による血栓形成機序として、(1)抗リン脂質抗体の対応抗原であるβ2GPIやプロトロンビンなどの機能の修飾、(2)血小板、血管内皮細胞、単球などの向血栓細胞の活性化、(3)補体系の活性化、などが考えられている。[5]抗リン脂質抗体症候群では血栓症の再発が多く、2次予防が重要となる。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<論文のポイント> [1]抗リン脂質抗体症候群は、血中に抗リン脂質抗体が証明され、各種動静脈血栓症や妊娠合併症を来す自己免疫疾患である。[2]APSの動脈血栓症は脳梗塞が多く、静脈血栓症は、下肢の深部静脈血栓症とそれに続発する肺血栓塞栓症が多い。静脈血栓症の約4%に、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の10~20%に抗リン脂質抗体が認められるとの報告もある。[3]抗リン脂質抗体の測定法には、ループスアンチコアグラント、抗カルジオリピン抗体、抗β2グリコプロテインI(β2GPI)抗体があるが、近年ホスファチジルセリン依存性抗プロトロンビン抗体が注目されている。[4]抗リン脂質抗体による血栓形成機序として、(1)抗リン脂質抗体の対応抗原であるβ2GPIやプロトロンビンなどの機能の修飾、(2)血小板、血管内皮細胞、単球などの向血栓細胞の活性化、(3)補体系の活性化、などが考えられている。[5]抗リン脂質抗体症候群では血栓症の再発が多く、2次予防が重要となる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。