【血栓・塞栓症からみた肺高血圧症】 III 肺血栓塞栓症における凝固・線溶機能 1 急性肺塞栓症の誘因としての凝固・線溶系異常

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<論文のポイント> [1]急性肺塞栓症の多くは深部静脈血栓が遊離し肺動脈に塞栓することにより発症するため、これらのリスク因子は静脈血栓塞栓症のリスク因子として同一と考えてよい。[2]血管内皮細胞には血管内の血栓を防ぐため、アンチトロンビンが関与するヘパラン硫酸依存性抗凝固機構や、プロテインC・Sが関与するプロテインC抗凝固機構などが備わっている。[3]代表的な先天性血栓性素因としては、アンチトロンビン欠損症、プロテインC欠損症、プロテインS欠損症が挙げられ、これらの凝固阻止因子欠乏により静脈血栓塞栓症を反復するリスクとなる。[4]代表的な後天性血栓性素因としては、悪性腫瘍、抗リン脂質抗体症候群、妊娠、経口避妊薬などが挙げられる。[5]静脈血栓塞栓症の再発例、特発例、若年発症例などは積極的にスクリーニングを行い、予防に努めるべきである。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<論文のポイント> [1]急性肺塞栓症の多くは深部静脈血栓が遊離し肺動脈に塞栓することにより発症するため、これらのリスク因子は静脈血栓塞栓症のリスク因子として同一と考えてよい。[2]血管内皮細胞には血管内の血栓を防ぐため、アンチトロンビンが関与するヘパラン硫酸依存性抗凝固機構や、プロテインC・Sが関与するプロテインC抗凝固機構などが備わっている。[3]代表的な先天性血栓性素因としては、アンチトロンビン欠損症、プロテインC欠損症、プロテインS欠損症が挙げられ、これらの凝固阻止因子欠乏により静脈血栓塞栓症を反復するリスクとなる。[4]代表的な後天性血栓性素因としては、悪性腫瘍、抗リン脂質抗体症候群、妊娠、経口避妊薬などが挙げられる。[5]静脈血栓塞栓症の再発例、特発例、若年発症例などは積極的にスクリーニングを行い、予防に努めるべきである。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。