【血栓・塞栓症からみた肺高血圧症】 II 肺動脈性肺高血圧症における凝固・線溶機能 2 ワルファリンは有用か?

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<論文のポイント> [1]多くの治療法が開発された今日においても、ワルファリンによる抗凝固療法は治療法の1つとして行われている。[2]ニースシンポジウムの治療アルゴリズムで、ワルファリン治療は特発性/遺伝性PAHおよび食欲抑制剤摂取に伴うPAHでは”考慮すべき”、各種疾患に伴うPAHでは”考慮しても良い”となっている。[3]COMPERAと呼ばれるレジストリでの抗凝固療法に関する解析からは、特発性PAHでの抗凝固療法を推奨する結果であった。[4]膠原病に関連したPAHでは、特発性PAHと比べワルファリン使用による大出血の頻度が多い。またエポプロステノールとワルファリンの併用により肺胞出血が増加する。[5]ワルファリンが真にPAHの予後を改善しうる治療薬かを明らかにするためには、長期の無作為二重盲検試験が必要である。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<論文のポイント> [1]多くの治療法が開発された今日においても、ワルファリンによる抗凝固療法は治療法の1つとして行われている。[2]ニースシンポジウムの治療アルゴリズムで、ワルファリン治療は特発性/遺伝性PAHおよび食欲抑制剤摂取に伴うPAHでは”考慮すべき”、各種疾患に伴うPAHでは”考慮しても良い”となっている。[3]COMPERAと呼ばれるレジストリでの抗凝固療法に関する解析からは、特発性PAHでの抗凝固療法を推奨する結果であった。[4]膠原病に関連したPAHでは、特発性PAHと比べワルファリン使用による大出血の頻度が多い。またエポプロステノールとワルファリンの併用により肺胞出血が増加する。[5]ワルファリンが真にPAHの予後を改善しうる治療薬かを明らかにするためには、長期の無作為二重盲検試験が必要である。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。