【血栓・塞栓症からみた肺高血圧症】 V 肺高血圧症のトピックス 1 Upfront combination therapy 肺高血圧症の最新治療

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<論文のポイント>[1]肺動脈性肺高血圧症(PAH)は肺血管抵抗上昇により右心不全、死亡を来す予後不良の疾患である。[2]PAH治療薬にはプロスタサイクリン、nitric oxide、エンドセリンの3系統の治療薬がある。[3]PAHの治療として、臨床的な効果の目標を定めて投薬を併用していく逐次併用療法(Goal-orineted sequential combination therapy)が行われてきたが特に重症例には効果が不十分である。[4]近年治療最初から併用療法を行う初期併用療法(Upfront combination therapy)の血行動態、予後への著明な効果が報告され注目を集めている。[5]Upfront療法は、エビデンスがまだ少なく、安全性や医療経済への影響を含めてさらなる検討が必要である。[6]Upfront療法は、重症例を含めた一定の患者群において標準的治療となる可能性を秘めた治療法と考えられる。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】<論文のポイント>[1]肺動脈性肺高血圧症(PAH)は肺血管抵抗上昇により右心不全、死亡を来す予後不良の疾患である。[2]PAH治療薬にはプロスタサイクリン、nitric oxide、エンドセリンの3系統の治療薬がある。[3]PAHの治療として、臨床的な効果の目標を定めて投薬を併用していく逐次併用療法(Goal-orineted sequential combination therapy)が行われてきたが特に重症例には効果が不十分である。[4]近年治療最初から併用療法を行う初期併用療法(Upfront combination therapy)の血行動態、予後への著明な効果が報告され注目を集めている。[5]Upfront療法は、エビデンスがまだ少なく、安全性や医療経済への影響を含めてさらなる検討が必要である。[6]Upfront療法は、重症例を含めた一定の患者群において標準的治療となる可能性を秘めた治療法と考えられる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。