【危惧する感染症-院内感染防止対策-】 2 侵襲性肺炎球菌感染症

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】肺炎球菌は、濃厚接触時に飛沫感染などにより感染し、小児と高齢者を中心に感染症を発症するが、特に、本来無菌であるべき部位から検出された場合、侵襲性肺炎球菌感染症(invasive pneumococcal disease:IPD)と呼び、感染症法において5類感染症に指定されている。病原因子のひとつに莢膜の存在が挙げられるが、これをターゲットにした肺炎球菌ワクチンが開発され、現在わが国では23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチンおよび沈降13価肺炎球菌結合型ワクチンが使用可能である。感染対策として、これらワクチンの接種率を向上させることで、大きな効果が期待されるが、その他、咳エチケットを含めた標準予防策の徹底、およびアウトブレイクに対する監視が必要である。さらに、感染症発症者の周囲の患者が易感染状態である場合には、カーテン隔離や、ベッド間隔を確保することが望ましい。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】肺炎球菌は、濃厚接触時に飛沫感染などにより感染し、小児と高齢者を中心に感染症を発症するが、特に、本来無菌であるべき部位から検出された場合、侵襲性肺炎球菌感染症(invasive pneumococcal disease:IPD)と呼び、感染症法において5類感染症に指定されている。病原因子のひとつに莢膜の存在が挙げられるが、これをターゲットにした肺炎球菌ワクチンが開発され、現在わが国では23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチンおよび沈降13価肺炎球菌結合型ワクチンが使用可能である。感染対策として、これらワクチンの接種率を向上させることで、大きな効果が期待されるが、その他、咳エチケットを含めた標準予防策の徹底、およびアウトブレイクに対する監視が必要である。さらに、感染症発症者の周囲の患者が易感染状態である場合には、カーテン隔離や、ベッド間隔を確保することが望ましい。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧18冊の書籍

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。