【危惧する感染症-院内感染防止対策-】 1 薬剤耐性緑膿菌感染症の制御

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】薬剤耐性緑膿菌(特に多剤耐性緑膿菌)は環境汚染や消毒・滅菌の不十分な医療器具などによって院内感染が起こりやすい。国内全体とすると増加傾向ではないものの院内伝播によるアウトブレイク事例の報告は相次いでおり、診断の複雑さ、治療薬の選択の乏しさ、院内伝播抑制の困難さ、の3つの問題により患者の予後が悪化してしまう。緑膿菌は環境から分離されても院内感染の原因かまたは結果が区別できず、伝播におけるスタッフの手指衛生の重要性の認識をむしろ減弱させる可能性もある。アウトブレイクを避けるためには、その端緒を早期に察知できる体制であること、および、手指衛生と環境整備そのものだけでなく、それらのレベルを保つための護業務の管理まで含めた感染制御を実践する必要がある。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】薬剤耐性緑膿菌(特に多剤耐性緑膿菌)は環境汚染や消毒・滅菌の不十分な医療器具などによって院内感染が起こりやすい。国内全体とすると増加傾向ではないものの院内伝播によるアウトブレイク事例の報告は相次いでおり、診断の複雑さ、治療薬の選択の乏しさ、院内伝播抑制の困難さ、の3つの問題により患者の予後が悪化してしまう。緑膿菌は環境から分離されても院内感染の原因かまたは結果が区別できず、伝播におけるスタッフの手指衛生の重要性の認識をむしろ減弱させる可能性もある。アウトブレイクを避けるためには、その端緒を早期に察知できる体制であること、および、手指衛生と環境整備そのものだけでなく、それらのレベルを保つための護業務の管理まで含めた感染制御を実践する必要がある。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧18冊の書籍

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。