Diagnostics 術後トラブル回避のためのIOL度数決定 IOL計算式選択のコツとIOL定数

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】なぜ計算式の選択が必要か 術後屈折誤差の要因は,光学式測定により,眼軸長(axial length;AL)による要因は少なくなったが,依然として,前房深度(anterior chamber depth;ACD),すなわち眼内レンズ(intraocular lens;IOL)の位置予測の問題がある(表1).術後のIOL位置予測は,計算式に依存するので,計算式によって選択するIOL度数が変わることがある.

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】なぜ計算式の選択が必要か 術後屈折誤差の要因は,光学式測定により,眼軸長(axial length;AL)による要因は少なくなったが,依然として,前房深度(anterior chamber depth;ACD),すなわち眼内レンズ(intraocular lens;IOL)の位置予測の問題がある(表1).術後のIOL位置予測は,計算式に依存するので,計算式によって選択するIOL度数が変わることがある.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧13冊の書籍

1~13件/13件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。