【みるポイントとその理由がよ~くわかる!消化器外科病棟の術後アセスメント おさらいできるシミュレーションクエスチョンつき】 消化器外科病棟で特に重要な術前術後の検査値アセスメント

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 消化器外科の周術期における検査値には多くの項目があります。末梢血液・生化学検査などを測定するのが一般的ですが、手術前後でその測定値は大きく変化します。手術侵襲による測定値の変化のなかに隠れている異常に素早く気付き、術後患者の病態を正確に把握して適切な治療を行うことが、重要であり、術後合併症の防止につながります。 消化器外科領域では、白血球数やヘモグロビン値、血清CRP 値測定による、炎症や貧血の評価 総ビリルビン・肝逸脱酵素(AST/ ALT値)・胆道系酵素(ALP、γ-GTP)による肝機能評価 血清尿素窒素や血清クレアチニン値による腎機能評価── が特に重要です。本稿では上記以外にも、一般的な参考書では解説が少ないけれども周術期管理を行ううえで重要な検査項目を選びました。(1)電解質検査(2)凝固検査(3)ドレーン排液の生化学検査(4)感染症マーカーについて解説を行います。

※本作品は2018年4月27日で販売を終了いたします。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 消化器外科の周術期における検査値には多くの項目があります。末梢血液・生化学検査などを測定するのが一般的ですが、手術前後でその測定値は大きく変化します。手術侵襲による測定値の変化のなかに隠れている異常に素早く気付き、術後患者の病態を正確に把握して適切な治療を行うことが、重要であり、術後合併症の防止につながります。 消化器外科領域では、白血球数やヘモグロビン値、血清CRP 値測定による、炎症や貧血の評価 総ビリルビン・肝逸脱酵素(AST/ ALT値)・胆道系酵素(ALP、γ-GTP)による肝機能評価 血清尿素窒素や血清クレアチニン値による腎機能評価── が特に重要です。本稿では上記以外にも、一般的な参考書では解説が少ないけれども周術期管理を行ううえで重要な検査項目を選びました。(1)電解質検査(2)凝固検査(3)ドレーン排液の生化学検査(4)感染症マーカーについて解説を行います。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧7冊の書籍

1~7件/7件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。