【食事介助の根拠とコツ 強みと可能性へのアプローチ】 B事例 2 不良姿勢患者の自力摂取へ向けたアプローチ 自力摂取の獲得に必要な食事姿勢に対する作業療法アプローチ

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 食事を自力摂取するためには、嚥下機能に加えて、覚醒、注意、運動プログラム、遂行機能などの認知機能や上肢機能、体幹機能および姿勢といった身体機能が必要です。摂食嚥下リハビリテーション(以下、摂食嚥下リハビリ)における作業療法士のおもな役割として、「摂食嚥下や食事動作を妨げる原因となっている機能障害の改善」「より安全に効率的に食事を行うための姿勢設定」「自力摂取を目指した食事動作訓練と福祉用具の検討」「個々の身体的および精神的機能に応じた食事環境の設定」が挙げられます。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 食事を自力摂取するためには、嚥下機能に加えて、覚醒、注意、運動プログラム、遂行機能などの認知機能や上肢機能、体幹機能および姿勢といった身体機能が必要です。摂食嚥下リハビリテーション(以下、摂食嚥下リハビリ)における作業療法士のおもな役割として、「摂食嚥下や食事動作を妨げる原因となっている機能障害の改善」「より安全に効率的に食事を行うための姿勢設定」「自力摂取を目指した食事動作訓練と福祉用具の検討」「個々の身体的および精神的機能に応じた食事環境の設定」が挙げられます。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。