【「多剤耐性菌」アウトブレイクを防ぐポイント 院内勉強会でそのまま使える明解スライド集付き!】 新しい時代の感染対策の基本戦略 こうすれば、ほとんどの多剤耐性菌が一気にズドンと減少します

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】医療関連感染症の起因菌となる多剤耐性菌の制御は、われわれインフェクションコントロールチームのメインテーマである。古くはメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(methicillin resistant Staphylococcus aureus, MRSA)、最近では基質拡張型β‐ラクタマーゼ(extended‐spectrum β‐lactamase,ESBL)産生グラム陰性菌、多剤耐性アシネトバクター(multiple drug‐resistant Acinetobacter,MDRA)、多剤耐性緑膿菌(multidrug‐resistant Pseudomonas aeruginosa, MDRP)を含むカルバペネム耐性腸内細菌科(carbapenem-resistant Enterobacteriaceae,CRE)細菌などが起因菌として増加してきている。

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】医療関連感染症の起因菌となる多剤耐性菌の制御は、われわれインフェクションコントロールチームのメインテーマである。古くはメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(methicillin resistant Staphylococcus aureus, MRSA)、最近では基質拡張型β‐ラクタマーゼ(extended‐spectrum β‐lactamase,ESBL)産生グラム陰性菌、多剤耐性アシネトバクター(multiple drug‐resistant Acinetobacter,MDRA)、多剤耐性緑膿菌(multidrug‐resistant Pseudomonas aeruginosa, MDRP)を含むカルバペネム耐性腸内細菌科(carbapenem-resistant Enterobacteriaceae,CRE)細菌などが起因菌として増加してきている。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。