【β-ラクタマーゼから考える細菌の進化】 β-ラクタマーゼの出現の歴史と世界的な動向

750円 (税別)

獲得ポイント 8pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】1940年代より、ペニシリナーゼなどのβ-ラクタマーゼ産生菌が出現し始め、その後、1980年代になると伝達性プラスミドにより媒介される基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)、1990年代にはMOX型やCMY型等のセファロスポリナーゼ、さらに2000年代に入るとメタロ-β-ラクタマーゼ(MBL)やKPC型カルバペネマーゼなどの多様なβ-ラクタマーゼが出現した。染色体性あるいはプラスミド性に様々なβ-ラクタマーゼを産生する病原細菌の医療環境での拡散と蔓延は、現在、地球的規模で進行しつつある診療上の現実的かつ深刻な脅威の1つとなっており、それに対する実効ある総合的対策の実施が急務となっている。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 750 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】1940年代より、ペニシリナーゼなどのβ-ラクタマーゼ産生菌が出現し始め、その後、1980年代になると伝達性プラスミドにより媒介される基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)、1990年代にはMOX型やCMY型等のセファロスポリナーゼ、さらに2000年代に入るとメタロ-β-ラクタマーゼ(MBL)やKPC型カルバペネマーゼなどの多様なβ-ラクタマーゼが出現した。染色体性あるいはプラスミド性に様々なβ-ラクタマーゼを産生する病原細菌の医療環境での拡散と蔓延は、現在、地球的規模で進行しつつある診療上の現実的かつ深刻な脅威の1つとなっており、それに対する実効ある総合的対策の実施が急務となっている。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。