書籍の詳細

「母がしんどい」の田房永子が、“その後”の母子関係を描いた最新エッセイコミック。両親との関係に疲れ果てたあなたへ捧げます。自分が壊れるまで、親子関係を続けなくてもいいのです。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

それでも親子でいなきゃいけないの?のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    なかなか理系な解説
    今、離れて暮らす義母の性格と離婚を考えている友人について考える所があり、トラブルを起こしやすい人の背景、思考パターンなどを少しでも理解したくて読みました。結論を言うと、冷静になって自己や他人を見ることの重要性を改めて知ること、冷静になれるまでの道のりが勉強になりました。
    著者は、言葉の説明を「例えば」と別の表現を使ったり、グラフにしたり、伝わりにくい内容を分かりやすく伝えようとしています。思考が理系。
    親子関係に悩んでいる人も、心理学に興味がある人、自分が母となりコレで良いのかな?とちょっと疑問や不安がある人に良いと思います。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年02月03日