書籍の詳細

優しく無欲な女子高生・天使ヶ原さんが出会った、ナゾの転校生・左門くん。彼は悪魔の召喚が趣味の召喚術士(サモナー)で、おまけに 生粋の善人嫌い!! アノ手コノ手で天使ヶ原さんを「欲」の道に導こうとするが…!? 強毒性召喚術士コメディ、開幕――!! ●特別収録/読切版『モロモノの事情』

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

左門くんはサモナーのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 左門くん2巻から別人説
    始めに言っておくと、召喚士(サモナー)の左門くんのキャラが1巻と2巻以降ではかなり違ってきます。
    1巻の左門くんは強キャラ感があり、人を(主にてっしー)完全に見下してる冷徹人間という感じでした。
    2巻以降は急にコミカルになり、実は苦手な生き物があったり体力がなかったりで弱点がでてきてかなり人間味がでてきます(笑)
    いったいなにがあったのか、、読者アンケートなど考慮した上での編集者さんの采配なのでしょうか、、
    キャラが変わるので1巻の左門くんが好きーて人には2巻以降辛いかもしれませんね
    でも初期左門くんは評判悪いみたいなのでだいたいの人は大丈夫なのではないでしょうか。ギャグ漫画ですしね!
    肝心の内容なのですが、面白いです!
    絵が可愛いし悪魔も個性があって面白いしてっしーは天使だし。
    1巻読んでいまいちやなーと思っても2巻まで読んでみて下さい!!
    きっと評価が変わってくると思うので(^-^)
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年03月03日