本当は怖い会社のルール 「雇用・退職」の境目

300円 (税別)

獲得ポイント 3pt (1%還元)

雇用延長が叫ばれる一方、業績が下がれば、人事部が人員整理を考えるという流れは止まらない。どうすれば定年まで働き続けられるのか?「リストラは『部下や同僚の評判が悪い人』が狙われる」、「アメとムチを駆使して退職に誘導する方法」、「なぜ企業は社員を簡単に『解雇』したがるのか」、「懲戒処分され『依願退職』で闇に葬られる人」……などなど、「雇用・退職」の裏側が分かる18話を収録(読了時間約20分)。本書はプレジデント社刊『人事部はここを見ている』(2015年7月4日発行)掲載の37ページ分を、加筆・修正の上、電子化したものです。 【著者紹介】溝上憲文(みぞうえ・のりふみ)ジャーナリスト1958年、鹿児島県生まれ。明治大学政治経済学部政治学科卒。月刊誌、週刊誌記者などを経て、独立。新聞、雑誌などで経営、人事、賃金、年金問題を中心テーマとして活躍。『非情の常時リストラ』(文春新書)で2013年度日本労働ペンクラブ賞受賞。主な著書に『隣の成果主義』『超・学歴社会』『「いらない社員」はこう決まる』『「日本一の村」を超優良会社に変えた男』『日本人事』『マタニティハラスメント』『辞めたくても、辞められない』など。近著に『2016年は残業代がゼロになる』(光文社)がある。

カゴに追加 300 円(税別)

雇用延長が叫ばれる一方、業績が下がれば、人事部が人員整理を考えるという流れは止まらない。どうすれば定年まで働き続けられるのか?「リストラは『部下や同僚の評判が悪い人』が狙われる」、「アメとムチを駆使して退職に誘導する方法」、「なぜ企業は社員を簡単に『解雇』したがるのか」、「懲戒処分され『依願退職』で闇に葬られる人」……などなど、「雇用・退職」の裏側が分かる18話を収録(読了時間約20分)。本書はプレジデント社刊『人事部はここを見ている』(2015年7月4日発行)掲載の37ページ分を、加筆・修正の上、電子化したものです。 【著者紹介】溝上憲文(みぞうえ・のりふみ)ジャーナリスト1958年、鹿児島県生まれ。明治大学政治経済学部政治学科卒。月刊誌、週刊誌記者などを経て、独立。新聞、雑誌などで経営、人事、賃金、年金問題を中心テーマとして活躍。『非情の常時リストラ』(文春新書)で2013年度日本労働ペンクラブ賞受賞。主な著書に『隣の成果主義』『超・学歴社会』『「いらない社員」はこう決まる』『「日本一の村」を超優良会社に変えた男』『日本人事』『マタニティハラスメント』『辞めたくても、辞められない』など。近著に『2016年は残業代がゼロになる』(光文社)がある。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。