書籍の詳細

「人事はデータが9割」の時代がやってくる! 人間に代わって、人工知能が人材を評価するようになると、人事・採用・就活の常識はどう変わるのか? 海外の最先端事例を紹介しながら、日本人が「人事革命」を生き残る方法を示す。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

人工知能×ビッグデータが「人事」を変えるのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • マウスの動かし方が重要!? 新しい人事評価基準とは?
    日本企業における人事、とくに採用に関しては、どの会社も横並びの定型的プロセスで行われ、人事担当者や経営者の感覚と主観による評価がまかり通っているのが実情ではないだろうか。しかし、米国をはじめ海外では、人工知能(AI)とビッグデータを活用した、客観的で正確なものに人事評価制度がシフトしつつあるという。本書では、そうした世界的な流れを踏まえ、「AI×ビッグデータ」というツールによって、問題の多い日本の人事制度を改革することを提案。AIやビッグデータをめぐる最新の情報を概説した上で、グーグルなどの米国先進事例を紹介しながら、最新テクノロジーを用いて組織に人材を最大限に生かす戦略を示している。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2016年04月01日