書籍の詳細

いたぶること、唯一ゆるされた愛しかた。ノーマル似非S×真性ドM。――顔は可愛いのに、無口で無表情でミステリアスな飛田(とびた)くん。飛田くんが、実はゲイでドMだと知った真澄(ますみ)は、好奇心からサド役をかってでることに。プレイの終了は2人の繋がりも解消されるとき。しかし真澄はプレイメイトという限定された関係以上を期待するようになって──。「SとM」。役割以上の繋がりを求めてはいけない…?

総合評価
5.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

夜はともだちのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    ストーリーが良かった。
    Mの受けの子はただ痛くしてほしいから、攻めの子と契約みたいな感じで一緒にいるだけでしたが、途中攻めの子から距離をおかれ、我慢できずに会いに行くところが良かった。エロあり。(修正あり)
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年01月14日
  • 偽Sと真性ドM
    飛田に興味があったので、近づくためにS役を引き受けた真澄とゲイで真性ドMの飛田の話。肉体的に若干、痛い描写もあるが後半に移るほど感情描写が秀逸。お互いに自分の価値観を押しつけあうのではない。明け方に、そっとベッドを抜け出す飛田を寝たふりをして待つ真澄。真澄に会いたい気持ちを自覚した飛田。これは二人の純粋な愛の話。
    • 参考になった 8
    投稿日:2016年01月01日