書籍の詳細

神は少女を喰らうか―― 愛するか。常闇との全面対決、ついに決着! 少女巫女・有紗陽に真の力を貸した水神だったが、その生命力は弱っていく。消滅を免れるには、有紗陽(いけにえ)を喰らわなければならない―― 「それでいい!だって私は――」「私が有紗陽を害するようなことがあれば、殺してくれ」水神の胸に飛び込む有紗陽。束の間のふたりきりの時間。ともに眠り、食事をし、こんなに幸せなのに―― 涙がこぼれる… こんなに切なく、狂おしい想いがあっただろうか…… 胸をしめつける第10巻!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

水神の生贄のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 不思議な感覚
    少しずつ変わっていくキャラクター達。水神様にも徐々に負以外の心情が生まれたり、コマのとり方とか表情で不思議な感覚になります。綺麗な絵で完全に独創的な世界に引き込まれました。新たに闇の神と闇に囚われた人が出てきてハラハラ。これからどうなるんだろう。少しずつ水神様とあさひの心が通ってきてるからそっちも楽しみだし、早く続き読みたい。
    • 参考になった 3
    投稿日:2018年02月10日