書籍の詳細

カブを愛するすべての人に捧げる「親愛なるカブ」もいよいよ第三弾! 街乗りは言うに及ばず、ツーリングでも大活躍。カブライダーなら誰もがうなずくエピソードが今回も満載です。キック一発でエンジンは今日も快調! もちろんセル付の方もどうぞ!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

親愛なるカブのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 街中でカブを見かけない日はありません。新聞や郵便の配達、そば屋や中華料理屋の出前、おまわりさんの警邏。そして一般の人々も普通に乗ってますよね。かく言う私も、十年来のカブ乗りです。ちょっと近所に出かけたり、近くのホームセンターに買い物に行ったり、春には近所の公園に桜を見に行ったり、梅雨にはお寺にアジサイを見に行ったり、夏になれば土手に花火を見に行ったり、秋には雑木林に紅葉を見に行ったり、冬には屋根から落ちた雪の塊がフロントフェンダーを直撃したり(真っ二つに割れました)、一年を通して生活に密着したその存在は、もはや家族と言っても差し支えありません。維持費もそんなにかかりませんし、燃費もいいので頻繁に給油する必要もありません。そしてそのたたずまいのかわいらしさ。愛着を感じずにはいられません。そんなカブへの愛を詰め込んだ今回のレビューなわけですが、本作『親愛なるカブ』にもカブへの大いなる愛がたっぷりと詰まっています。カブ乗りにしかわからない“あるあるネタ”は、読んでいるとつい微笑んでしまいます。
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年01月21日