専門医に求められる最新の知識 機能外科 ジストニアと小脳

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】近年、小脳の研究の発展に伴い、小脳が運動のバランスと協調を司るという単なる運動調整機構としての認識から、学習記憶、言語、精神状態などの機能にも重要な役割を果たす、高次脳機能をも司る重要な臓器として再認識されてきている。小脳への関心はジストニアにおいても例外ではなく、さまざまな異常が小脳においても明らかとなってきた。ジストニアにおける小脳の所見は、症状に対する代償性の二次的変化だとの指摘もあるが、多くの動物実験が、ジストニアにおける一次的な小脳の関与を示唆している。このような研究により、古くから代表的な大脳基底核疾患として考えられてきたジストニアが、その病態に小脳や脳幹などを包含する広範囲なネットワーク障害によって表出されているとの新しい概念が広まりつつある。また、小脳を治療ターゲットとしてジストニアを治療する試みも始まっており、ジストニアにおける小脳の研究は今後さらなる発展が期待される。

※本作品は2018年4月27日で販売を終了いたします。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】近年、小脳の研究の発展に伴い、小脳が運動のバランスと協調を司るという単なる運動調整機構としての認識から、学習記憶、言語、精神状態などの機能にも重要な役割を果たす、高次脳機能をも司る重要な臓器として再認識されてきている。小脳への関心はジストニアにおいても例外ではなく、さまざまな異常が小脳においても明らかとなってきた。ジストニアにおける小脳の所見は、症状に対する代償性の二次的変化だとの指摘もあるが、多くの動物実験が、ジストニアにおける一次的な小脳の関与を示唆している。このような研究により、古くから代表的な大脳基底核疾患として考えられてきたジストニアが、その病態に小脳や脳幹などを包含する広範囲なネットワーク障害によって表出されているとの新しい概念が広まりつつある。また、小脳を治療ターゲットとしてジストニアを治療する試みも始まっており、ジストニアにおける小脳の研究は今後さらなる発展が期待される。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。