ガイドラインポイント解説 脳ドックのガイドライン 「脳ドックのガイドライン2014」の解説

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 「脳ドックのガイドライン2014」は,日本脳ドック学会により,2014年に作成された.2008年の改訂第3版に続く第4版となる. 1.脳ドックの推奨される検査項目 問診と診察では,既往歴,家族歴,生活歴,危険因子を含む問診を行い,神経学的診察,身体計測(身長,体重,腹囲,血圧,脈拍),頚部血管雑音と心雑音の有無を聴取する.血液検査としては一般の末梢血,尿,生化学のほかに脳梗塞の危険因子とされるフィブリノゲン,ホモシステイン,リポ蛋白(LP)(a),抗リン脂質抗体の測定が推奨されている.安静時標準12誘導心電図検査は脳卒中リスクを4~7倍に高める心房細動の検出のため推奨される.

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 「脳ドックのガイドライン2014」は,日本脳ドック学会により,2014年に作成された.2008年の改訂第3版に続く第4版となる. 1.脳ドックの推奨される検査項目 問診と診察では,既往歴,家族歴,生活歴,危険因子を含む問診を行い,神経学的診察,身体計測(身長,体重,腹囲,血圧,脈拍),頚部血管雑音と心雑音の有無を聴取する.血液検査としては一般の末梢血,尿,生化学のほかに脳梗塞の危険因子とされるフィブリノゲン,ホモシステイン,リポ蛋白(LP)(a),抗リン脂質抗体の測定が推奨されている.安静時標準12誘導心電図検査は脳卒中リスクを4~7倍に高める心房細動の検出のため推奨される.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。