パッと見てサッと押さえる!科別で覚える診る看るカンタン手術イラスト 整形外科

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】頸椎椎弓形成術 何をする手術?加齢性の変化による椎体の骨棘形成、椎間板の突出、黄色靱帯の肥厚、後縦靱帯の骨化などによる頸髄の圧迫が原因で、手指の巧緻障害や歩行障害を起こした頸髄症患者に対して行う後方除圧手術である。 患者は?頸髄症患者に対する術式として、後方法(頸椎椎弓形成術、頸椎後方除圧固定術など)、前方法(頸椎前方除圧固定術など)がある。日本人の頸椎症性脊髄症の患者には発育性の脊柱管狭窄を合併していることが多いので、たびたび多椎間にわたる狭窄を呈することがある。その場合は神経学的、画像的な責任病巣部だけではなく多椎間にわたる除圧を行うことで全体的に滑らかに後方に除圧する本術式が選択される。本術式で対応しきれない後弯変形の強い患者や頸椎不安定性の強い患者は、ほかの術式となることが多い。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】頸椎椎弓形成術 何をする手術?加齢性の変化による椎体の骨棘形成、椎間板の突出、黄色靱帯の肥厚、後縦靱帯の骨化などによる頸髄の圧迫が原因で、手指の巧緻障害や歩行障害を起こした頸髄症患者に対して行う後方除圧手術である。 患者は?頸髄症患者に対する術式として、後方法(頸椎椎弓形成術、頸椎後方除圧固定術など)、前方法(頸椎前方除圧固定術など)がある。日本人の頸椎症性脊髄症の患者には発育性の脊柱管狭窄を合併していることが多いので、たびたび多椎間にわたる狭窄を呈することがある。その場合は神経学的、画像的な責任病巣部だけではなく多椎間にわたる除圧を行うことで全体的に滑らかに後方に除圧する本術式が選択される。本術式で対応しきれない後弯変形の強い患者や頸椎不安定性の強い患者は、ほかの術式となることが多い。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧11冊の書籍

1~11件/11件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。