書籍の詳細

全世界待望! ピケティの師の書、ついに刊行! 不平等研究の権威が、現代社会の根本を問い直す。思想の大転換を迫る書。格差をあきらめない15の方法がここにある。世界16カ国で刊行・刊行予定の話題の書【推薦の言葉】 「ウィットに富んで、エレガントで深遠なこの本を是非読んでほしい。」トマ・ピケティ(パリ経済学校教授)「アトキンソンは、多くの点で現代の不平等研究の父だが、すばらしい新著を発表した。」ポール・クルーグマン(プリンストン大学教授)「好き嫌いにかかわらず、これは野心的な本だ。」ティム・ハーフォード(ジャーナリスト)「不平等研究の新しい基本書。日本の格差対策にも本書の15の提案は必読だ。」大竹文雄(大阪大学社会経済研究所教授)

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

21世紀の不平等のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ピケティの師、アトキンソン。格差をあきらめない15の方法
    格差や不平等は、先進国、新興国問わず、大きな経済問題、社会問題として世界各国で認識され、対策が必要とされている。本書ではそんな現状を踏まえ、各国で不平等(inequality)を縮小するための具体的プランを提言している。不平等とは何を意味するか、これまでの歴史から学べることは何か、経済学との関わり等を分析した上で、英国をモデルにした15の提案と五つの「検討すべきアイディア」を示し、さらにそれらに対して想定される反論に応える。著者は、半世紀にわたり不平等の問題を研究し続ける経済学の重鎮の一人。大ベストセラー『21世紀の資本』で時の人となった、本書にも序文を寄せているトマ・ピケティ氏の師匠格にあたる存在だという。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2016年03月18日