バイオベンチャー列伝2―週刊東洋経済eビジネス新書No.139

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

「バイオベンチャー列伝」第2弾!今回もさまざまなバイオベンチャーを紹介する。 米国で設立後に日本で上場、中国で創薬を行う異色ベンチャー・ジーエヌアイグループ、遺伝子治療薬の開発を行うアンジェス MG、がん治療薬を開発するナノキャリア……。 創薬系バイオベンチャー企業は高い成長が期待できる反面、新薬開発には長い年月と多額の研究費用を要するうえに、すべての開発が成功するとは限らず、リスクも高い。 はたして今回紹介する中から大化けする企業は出てくるのか!? 本書は、東洋経済新報社のサイト「会社四季報オンライン」に掲載された連載「大化け創薬ベンチャーを探せ!」を加筆修正のうえ制作しています。 ●●目次●●異色の創薬ベンチャー、ジーエヌアイグループの展望Interview「アイスーリュイに続く戦略」ジーエヌアイグループ社長●イン・ルオアンジェス MG、世界初の遺伝子治療薬の実力Interview「遺伝子治療薬のこれから」アンジェス MG社長●山田 英「ミクロの決死圏」。がん治療の先端技術磨くナノキャリアInterview「創薬研究開発の中期展望とナノキャリアの今後の戦略」ナノキャリア社長兼CEO●中冨一郎リプロセル、「門外漢」が描くバイオビジネスの最終形Interview「iPSを核にしてリプロセルが目指すバイオビジネスの『最終形』」リプロセル社長●横山周史「第2の創業」で悲願の黒字化、研究用マウスのトランスジェニックInterview「黒字化を果たし、次の戦略は?」トランスジェニック社長●福永健司

カゴに追加 200 円(税別)

「バイオベンチャー列伝」第2弾!今回もさまざまなバイオベンチャーを紹介する。 米国で設立後に日本で上場、中国で創薬を行う異色ベンチャー・ジーエヌアイグループ、遺伝子治療薬の開発を行うアンジェス MG、がん治療薬を開発するナノキャリア……。 創薬系バイオベンチャー企業は高い成長が期待できる反面、新薬開発には長い年月と多額の研究費用を要するうえに、すべての開発が成功するとは限らず、リスクも高い。 はたして今回紹介する中から大化けする企業は出てくるのか!? 本書は、東洋経済新報社のサイト「会社四季報オンライン」に掲載された連載「大化け創薬ベンチャーを探せ!」を加筆修正のうえ制作しています。 ●●目次●●異色の創薬ベンチャー、ジーエヌアイグループの展望Interview「アイスーリュイに続く戦略」ジーエヌアイグループ社長●イン・ルオアンジェス MG、世界初の遺伝子治療薬の実力Interview「遺伝子治療薬のこれから」アンジェス MG社長●山田 英「ミクロの決死圏」。がん治療の先端技術磨くナノキャリアInterview「創薬研究開発の中期展望とナノキャリアの今後の戦略」ナノキャリア社長兼CEO●中冨一郎リプロセル、「門外漢」が描くバイオビジネスの最終形Interview「iPSを核にしてリプロセルが目指すバイオビジネスの『最終形』」リプロセル社長●横山周史「第2の創業」で悲願の黒字化、研究用マウスのトランスジェニックInterview「黒字化を果たし、次の戦略は?」トランスジェニック社長●福永健司

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。