書籍の詳細

クラスメイトに「ホモ動画」を観ていることを知られた、たすく。自分の性指向… ゲイであると皆に知られたのではないかと怯え、自殺を考えていた彼の前に、「誰かさん」と呼ばれる謎めいた女性があらわれた。彼女は、たすくを「談話室」へと誘う。そこには、レズビアンである大地さんがいて…。尾道を舞台に描かれる、性と生と青春の物語、第1集。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

しまなみ誰そ彼のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    正直このテーマの作品の中では、映画やらも含めて群を抜いてる
    個人的にマンガは画力重視派ですが、この作品の素晴らしさは画力もさることながら内容だと思います。正直このテーマの作品の中では、映画やらも含めて群を抜いてると思います。
    もっとも押えるべきポイントを、うまくエピソードの中に落とし込めている作品で、どこかファンタジックでありながらも、絶妙に切りとれていると思います。
    3巻まで読んだ感想なので、これからどうころぶかわからないですが、届くべき人には絶対届いて欲しいマンガです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年02月04日