著者:馬場翁 イラスト:輝竜司

KADOKAWA / 富士見書房

ジャンル:ライトノベル

1200円 (税別)

12ポイント獲得(1%)

  • カゴに追加

eBookJapan発売日:2017年06月09日

  • 紙と同時
ユーザー評価なし レビューを見る
  • 紙と同時
ユーザー評価なし レビューを見る

蜘蛛ですが、なにか? 6の内容

シリーズ書籍一覧 9冊を配信中

蜘蛛ですが、なにか? 6の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

主人公が蜘蛛です。元女子高生の蜘蛛です。目覚めたらなぜか異世界の洞窟内に蜘蛛として転生しちゃっていました。さらに異世界ラノベではよくありがちな「チート能力(異常に強い能力)」を持っていません。むしろレベル1の最弱状態からスタートします。でも、持ち前の前向きな性格で数々の敵を倒し能力を高めながら生き抜いていく爽快感がたまらないんですよ。

また、蜘蛛らしく糸で家賃0円の家(蜘蛛の巣)を作って快適に過ごそうと頑張ったり、そんな家にニートとして引きこもったり、蜘蛛の巣にかかった獲物(カエルとかバジリスクとか)を仕留めて食べたり。。。異世界、さらに自分が蜘蛛!?という絶望的な状況なのにも関わらず、むしろいい意味で開き直っている明るさと前向きさが他には無い面白さを感じさせてくれます。

初めてこのタイトルを見た時は「蜘蛛が主人公?」という若干ネガティブな雰囲気を感じたんですが、読んでみると全く想像できない展開目白押しでページをめくる手が止まりませんでした。異世界転生系ラノベはたくさんありますが、その中でもトップクラスに面白い作品だと思います。
  • 参考になった 7

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。