ボンボン坂高校演劇部 (1)

588円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【ページ数が多いビッグボリューム版!】時計坂高校一年の順菜正太郎は、入学式当日すれ違った美少女・日比野真琴に一目惚れ! しかし彼女の後ろ姿を追い、演劇部の部室へたどり着いた正太郎を待っていたのはなんと体は男で心は女、そして三頭身の部長・徳大寺ヒロミだった! 部長ヒロミに気に入られてしまった正太郎の高校生活は…波乱の予感!? 描き下ろしショート漫画/著者一問一答収録!!

無料立ち読み(29ページ)

カゴに追加 588 円(税別)

【ページ数が多いビッグボリューム版!】時計坂高校一年の順菜正太郎は、入学式当日すれ違った美少女・日比野真琴に一目惚れ! しかし彼女の後ろ姿を追い、演劇部の部室へたどり着いた正太郎を待っていたのはなんと体は男で心は女、そして三頭身の部長・徳大寺ヒロミだった! 部長ヒロミに気に入られてしまった正太郎の高校生活は…波乱の予感!? 描き下ろしショート漫画/著者一問一答収録!!

  • 完結
平均評価(5.0 レビューを見る
書籍の詳細

ユーザーのレビュー

そーそーコレがジャンプのギャグ!

・・・・・・って時期だったと思い出させた作品です。連載当時 1巻立ち読みから。
拙概論ですが、質のサンデー、濃さのチャンピオン、そして量のジャンプだったギャグの印象まんまです。
(マガジンは前からバトル&スポーツでギャグの印象が無い)
ホント次から次から呆れる暇も無いぐらいのギャグの応酬で気が付いてたら読み終えてた作品が多かったです。
そしてギャグには無駄にクオリティーの高い絵。
ヒロインも綺麗揃いだし。
でも主人公はまんまギャグキャラ。
そのギャップも吸収していました。
あの小畑健氏もこう言うジャンルで入ってきたように、この手のギャグはジャンプの鏡だったんですが、いつしか小理屈で固められた作品に取って代わられ、70年代少年には寂しい限りです。
~ホントは「すすめパイレーツ」のレビューを寄せたがったが無くなってたのでその分も。
  • 参考になった 3

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。