書籍の詳細

驚異の「26期連続増収増益」ドンキホーテはいかにして生まれたか?今年6月期には売上高約6500億円となり、ついに三越伊勢丹を抜いたドンキホーテ。同社を率いてきた安田隆夫CEOは、普通の企業人とは大きく異なるユニークな経営哲学の持ち主だ。若い頃、安田氏は麻雀やパチンコで食いつなぎ、29歳の時、東京・荻窪でディスカウント店「泥棒市場」を始める。しかし商品は売れず、仕入先には騙され、たった1人で思い悩む日々……。ある晩、遅くまで商品を荷解きしていると、飲み会帰りのサラリーマンが「それ、買える?」と声をかけてきた。都市部では夜型生活の客が多くおり、深夜にこそ売るチャンスが転がっていることに気づいた。それがドンキの始まりだった。だが、すこし油断すると売り上げはたちまち落ちてしまう。社内管理を強化し、厳しい営業目標を課したが、それでも衰退は止まらない。そこで安田氏は思いきった策に出る。1)現場にすべて権限を委譲。仕入れから値付けまで現場にやらせ、上は口を出せない。2)営業目標は各個人に立てさせる。徹底的な成果主義。このように安田氏は難題に直面するたび、常道とは「逆張り」の視点をもち、それをとことん突き詰める。本人の言葉でいえば「はらわたで考えなければ、真のブレークスルーは生まれない」。波乱万丈の人生物語で一般読者を引きずり込み、独自の経営哲学でビジネスマンも唸らせるユニークな半生記。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

安売り王一代 私の「ドン・キホーテ」人生のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 逆張り商法の秘訣を大公開!
    大手小売業は司令塔(本部)が徹底的な管理を行う「チェーンストアモデル」を採用しているが、ドン・キホーテでは、現場にすべて権限を委譲し、仕入れから値付けまで現場にやらせ、上は口を出さない。さらに、営業目標は各個人に立てさせる徹底的な成果主義を貫いている。それにより、創業以来26年間連続で増収増益という前代未聞の偉業を達成し、2015年6月期には年商6840億円、従業員数約32,000人(パート含む)の巨大小売業にのし上がった。これらを実現してきたのが、創業者の安田隆夫・前会長である。本書は、他の企業人とは異なるユニークな経営哲学の持ち主である安田隆夫氏の波乱万丈の一代記。ビジネスの世界に新風を吹き込む独自の経営哲学が余すことなく披露されている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2016年04月15日