書籍の詳細

京都発! 思い出の「味」、捜します。第一話 鍋焼きうどん―― 一番おいしかったものにもう一度出会うのは難しい。窪山秀治は数年前に妻を亡くし、定年後に新たな伴侶と巡り会った。彼女は秀治の大好物だけうまく作れないという。第二話 ビーフシチュー――プロポーズされたレストランが思い出せない!?師走に入ると、京の都もせわしない。二人の老婦人が、55年の食を求めて看板もない食堂に入っていった。第三話 鯖寿司――おいしさに勝るのは、思い出というスパイス。総理大臣である岩倉友海が探しているのは、50年も前食べさせてもらったおやつがわりの品だった。第四話 とんかつ――“おいしい”の一言を、忘れる料理人はいない。大分でピアノ教師をしている広瀬須也子の元夫は、京都でとんかつ屋を開いていたが、余命三ヶ月だという。第五話 ナポリタン――おいしいものを食べると、泣けてくる。浜松に住む女子大生・美月明日香が探しているのは、祖父が旅行先で食べさせてくれた黄色いスパゲティだった。第六話 肉じゃが――男のソウルフードは、おふくろの味。六本木ヒルズ在住の実業家・伊達久彦は、亡き母が作ってくれた肉じゃがを食べてみたいという。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

鴨川食堂のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    京都弁と食
    鴨川は川ではありません、説明は最初に出てきます。
    この作者が描く食の表現と京都弁の響きが絶妙です。
    読み易い短編での完結を数篇納められていますあ、一度読み始めると止まらずに一気に読んでしまいます。
    食の描写だけで無く、様々な人間模様を織り込んで何とは無しに沁み入る読後感はクセになるかも。
    読んで損は無い、ホッコリする本です。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年04月23日