書籍の詳細

順調にタウムの天文神殿の捜索を続けるグレン一行だったが、システィーナとルミアの手によって開かれた「扉」の中へセリカが消えてしまい…!?セリカを救うため、グレンと生徒達が立ち上がる!

総合評価
3.5 レビュー総数:2件
評価内訳

ロクでなし魔術講師と禁忌教典のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 76点 ★3.8 【1巻中盤からが本当のスタート】
    8巻まで読んでます。書いた段階で8巻まで刊行中。
    原作の方は読んでません。
    
    世界観は魔法系ファンタジーで、システムとしては比較的理解しやすい方です。
    
    ヒーローが学園の講師なので、基本的に学園での出来事やイベントの中に事件が捻じ込まれてきます。
    事件が起こるまでは普通の学園生活を送るので、必然的に「日常」の割合が大きくなっています。
    作品のペース配分は 【日常7:戦闘3】 くらいでしょうか。 【6:4】 では無いと思うな。
    日常部分が多いため、サブキャラな生徒たちにも比較的出番があったりします。
    
    ヒーローの戦闘能力は高い方ではありません。
    強敵に対しては、仲間の助力を得ながら戦うタイプです。
    格好良い戦い方とは言えないので、好き嫌いが分かれると思います。
    
    最序盤はタイトル通りロクでなし、でも1巻中盤から一気に真面目になります。
    バランス的には、最序盤のロクでなし度が 【10:0】 だとすると、その後は 【2:8】 くらいになります。
    ………豹変したな!?
    
    1巻の段階でそれなりに大きく物語が動きます、
    比較的展開は早めなのですが、ダラダラせずに分かりやすく世界観の情報を出してくれるので、雰囲気がつかみやすいです。
    なので、試しに1巻だけ買って”好みかどうかを判断してみる”というのもアリだと思いますね。
    
    少なくとも、ヒーローがしっかりする前の最高にロクでなしな最序盤だけで判断するには勿体ない作品だと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月26日
  • 匿名希望
    巻を追う毎に
    絵やコマ割りが雑になって来ている。
    キャラが軽く動きが感じられない。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年02月28日