【第19回 CTサミット報告】 ニューチャレンジセッションI:次世代へつなぐ最新臨床研究 3.胸部領域のDual Energy CT

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】dual energy CT(以下,DECT)は,照射されたX線のエネルギーに依存して物質の質量減弱係数が固有の変化を示すことを利用し,物質の弁別などを可能にする技術である。その歴史は古く,1970年代から,DECTを利用した組織解析などが報告されている。しかし,低い管電圧での撮影時のX線管の出力不足や,異なるエネルギーの画像を同時に取得することが不可能であったことなどの技術的な制約により,広く臨床に用いられることはなかった。そのような背景の中で,2005年にX線管と検出器を2セット搭載した世界初のdual source CTである「SOMATOM Definition」(シーメンス社製)が発表されたことで,DECTに再び大きな注目が集まっており,さまざまな臨床応用が報告されている。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】dual energy CT(以下,DECT)は,照射されたX線のエネルギーに依存して物質の質量減弱係数が固有の変化を示すことを利用し,物質の弁別などを可能にする技術である。その歴史は古く,1970年代から,DECTを利用した組織解析などが報告されている。しかし,低い管電圧での撮影時のX線管の出力不足や,異なるエネルギーの画像を同時に取得することが不可能であったことなどの技術的な制約により,広く臨床に用いられることはなかった。そのような背景の中で,2005年にX線管と検出器を2セット搭載した世界初のdual source CTである「SOMATOM Definition」(シーメンス社製)が発表されたことで,DECTに再び大きな注目が集まっており,さまざまな臨床応用が報告されている。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。