座談会 抗体治療の新展開

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】がんに対する抗体治療が飛躍的に進展している。血液領域においては、抗CD20抗体であるリツキシマブの成功をもとに、抗CD抗体を中心とした開発が進められている。ただし、抗CD20抗体以外は抗がん剤との複合体(抗体-薬物複合体(ADC)製剤)として開発され、抗CD33抗体や抗CD30抗体を用いたADC製剤が治療薬としてすでに使用されている。乳がん領域ではトラスツズマブなど4剤の抗体医薬が標準治療として使用され、このうち1剤はADC製剤である。消化器がん領域でもベバシズマブやセツキシマブなど、すでに複数の抗体医薬が臨床応用されている。抗体治療における最大のトピックは、免疫チェックポイントである細胞傷害性Tリンパ球抗原4(CTLA-4)やPD-1、そのリガンドのPD-L1に対する抗体医薬の開発である。抗PD-1抗体は日本で最初に悪性黒色腫の治療薬として承認された。固形がんにおいての奏効割合は3割程度だが、効果は持続性があり、将来的には免疫チェックポイント阻害薬による治癒の可能性も示唆されている。その反面、従来の免疫療法薬とは異なり重篤な副作用が報告されており、治療には注意が必要である。また、キメラ抗原受容体(CAR)をT細胞に組み込んだCAR-T細胞やBiTEの研究も精力的に進められており、さらに抗PD-1抗体との併用も期待されている。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】がんに対する抗体治療が飛躍的に進展している。血液領域においては、抗CD20抗体であるリツキシマブの成功をもとに、抗CD抗体を中心とした開発が進められている。ただし、抗CD20抗体以外は抗がん剤との複合体(抗体-薬物複合体(ADC)製剤)として開発され、抗CD33抗体や抗CD30抗体を用いたADC製剤が治療薬としてすでに使用されている。乳がん領域ではトラスツズマブなど4剤の抗体医薬が標準治療として使用され、このうち1剤はADC製剤である。消化器がん領域でもベバシズマブやセツキシマブなど、すでに複数の抗体医薬が臨床応用されている。抗体治療における最大のトピックは、免疫チェックポイントである細胞傷害性Tリンパ球抗原4(CTLA-4)やPD-1、そのリガンドのPD-L1に対する抗体医薬の開発である。抗PD-1抗体は日本で最初に悪性黒色腫の治療薬として承認された。固形がんにおいての奏効割合は3割程度だが、効果は持続性があり、将来的には免疫チェックポイント阻害薬による治癒の可能性も示唆されている。その反面、従来の免疫療法薬とは異なり重篤な副作用が報告されており、治療には注意が必要である。また、キメラ抗原受容体(CAR)をT細胞に組み込んだCAR-T細胞やBiTEの研究も精力的に進められており、さらに抗PD-1抗体との併用も期待されている。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧22冊の書籍

1~22件/22件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。