【新たな抗体治療の展開】 新たに開発された抗体治療 骨転移

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】がんの骨転移をきたした患者においては、その後の治療の継続性やQOLに深く関わる骨関連事象(SRE)の発症予防は必須である。従来、第3世代のビスホスホネートであるゾレドロン酸がこの分野で果たした役割は大きい。しかし、近年になって、骨転移治療薬としては初の分子標的薬である完全ヒト型抗NF-κB活性化受容体リガンド(RANKL)モノクローナル抗体製剤デノスマブに期待される役割が大きくなってきた。初回SRE発症までの期間を主要評価項目とする第III相臨床試験において、デノスマブはゾレドロン酸に比して優るとも劣らない成績を証明した。今後は骨転移を治療標的とした分子標的薬の開発が進む一方で、優れた薬剤を確実に有効活用するための臨床的な配慮も必要とされる。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】がんの骨転移をきたした患者においては、その後の治療の継続性やQOLに深く関わる骨関連事象(SRE)の発症予防は必須である。従来、第3世代のビスホスホネートであるゾレドロン酸がこの分野で果たした役割は大きい。しかし、近年になって、骨転移治療薬としては初の分子標的薬である完全ヒト型抗NF-κB活性化受容体リガンド(RANKL)モノクローナル抗体製剤デノスマブに期待される役割が大きくなってきた。初回SRE発症までの期間を主要評価項目とする第III相臨床試験において、デノスマブはゾレドロン酸に比して優るとも劣らない成績を証明した。今後は骨転移を治療標的とした分子標的薬の開発が進む一方で、優れた薬剤を確実に有効活用するための臨床的な配慮も必要とされる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧22冊の書籍

1~22件/22件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。