Pharmacogenomics and biomarker 新規抗体薬開発におけるバイオマーカー検索に関する諸課題

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】新規抗体薬開発が急速に進む一方、バイオマーカーの検索を取り巻く環境は必ずしも十分整備されていない。新規抗体薬開発におけるバイオマーカー検索に関する諸課題には、病理医のみならず、新規抗体薬開発に関わる全体の仕組み、すなわち厚生労働省、医薬品医療機器総合機構(PMDA)、製薬企業、試薬メーカーのすべてに関わる内容も多い。課題解決のためには、(1)治療薬と診断薬の協調的開発と認可、(2)判断基準とアルゴリズム作成プロセスの迅速化、(3)体外診断用医薬品の提供による染色の標準化、(4)試薬と自動免疫染色装置の相互利用性の可塑化、(5)医療機器としての自動画像解析装置の開発、(6)自動画像解析装置による判定の保険適応、(7)標榜科として病理診断科を掲げる病院に対するインセンティブ整備、(8)外部精度評価参加の必須化などが必要である。病理医が、高い病理診断精度を維持し、適切なバイオマーカーの判定ができるよう環境整備が必要である。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】新規抗体薬開発が急速に進む一方、バイオマーカーの検索を取り巻く環境は必ずしも十分整備されていない。新規抗体薬開発におけるバイオマーカー検索に関する諸課題には、病理医のみならず、新規抗体薬開発に関わる全体の仕組み、すなわち厚生労働省、医薬品医療機器総合機構(PMDA)、製薬企業、試薬メーカーのすべてに関わる内容も多い。課題解決のためには、(1)治療薬と診断薬の協調的開発と認可、(2)判断基準とアルゴリズム作成プロセスの迅速化、(3)体外診断用医薬品の提供による染色の標準化、(4)試薬と自動免疫染色装置の相互利用性の可塑化、(5)医療機器としての自動画像解析装置の開発、(6)自動画像解析装置による判定の保険適応、(7)標榜科として病理診断科を掲げる病院に対するインセンティブ整備、(8)外部精度評価参加の必須化などが必要である。病理医が、高い病理診断精度を維持し、適切なバイオマーカーの判定ができるよう環境整備が必要である。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧22冊の書籍

1~22件/22件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。