Cancer biology and new seeds がんにおけるオートファジー制御の分子機構

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】オートファジーのがんにおける役割は状況によって二面性がある。がん細胞は急速な増殖による高い栄養要求性を有し、成長するとともに栄養不足や低酸素などの代謝ストレス環境下に置かれやすい。そこでがん細胞は、オートファジーを利用することにより成長に必要な栄養を自ら作り出し、細胞死を回避している。一方で、がんの発生初期においてはオートファジーによる細胞の恒常性維持が腫瘍発生に対するバリアとして機能している。本稿では、近年注目を増してきているがんにおけるオートファジーの役割について、オートファジーの分子機構、それを制御する細胞内シグナル、オートファジー抑制によるがん治療の可能性を交えて概説する。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】オートファジーのがんにおける役割は状況によって二面性がある。がん細胞は急速な増殖による高い栄養要求性を有し、成長するとともに栄養不足や低酸素などの代謝ストレス環境下に置かれやすい。そこでがん細胞は、オートファジーを利用することにより成長に必要な栄養を自ら作り出し、細胞死を回避している。一方で、がんの発生初期においてはオートファジーによる細胞の恒常性維持が腫瘍発生に対するバリアとして機能している。本稿では、近年注目を増してきているがんにおけるオートファジーの役割について、オートファジーの分子機構、それを制御する細胞内シグナル、オートファジー抑制によるがん治療の可能性を交えて概説する。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧22冊の書籍

1~22件/22件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。