Cancer biology and new seeds 最新の抗体創薬の潮流

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】抗体医薬は、その開発初期に生じたさまざまな問題を抗体エンジニアリングの技術革新によって克服することで、今日までにがん治療用途として20もの薬剤が米国食品医薬品局(FDA)から認可され、がん治療のための最も重要な治療法の1つとなっている。抗体医薬の作用機序の主なものとしては抗体依存性細胞傷害(ADCC)活性誘導、シグナルブロック、コンジュゲート抗体による薬物デリバリーなどがあり、それぞれの作用機序に応じた適切な抗原を選択することが抗体創薬における重要なポイントとなっている。昨今は、腫瘍免疫学の発展に伴い、「外科手術」、「放射線療法」、「化学療法・分子標的(低分子)薬」に続く第4の治療法として「免疫療法」が台頭してきた。生体が生来有している抗腫瘍免疫機能を調節する抗体医薬がさまざまながん種に対して有効かつ効果が長続きすることが臨床において実証され、複数の免疫療法と呼ばれる抗体医薬がFDAから認可を受けている。さらに、さまざまな免疫療法の併用によって、抗体創薬はついにがんの根治を目指すという新たなフェーズに突入している。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】抗体医薬は、その開発初期に生じたさまざまな問題を抗体エンジニアリングの技術革新によって克服することで、今日までにがん治療用途として20もの薬剤が米国食品医薬品局(FDA)から認可され、がん治療のための最も重要な治療法の1つとなっている。抗体医薬の作用機序の主なものとしては抗体依存性細胞傷害(ADCC)活性誘導、シグナルブロック、コンジュゲート抗体による薬物デリバリーなどがあり、それぞれの作用機序に応じた適切な抗原を選択することが抗体創薬における重要なポイントとなっている。昨今は、腫瘍免疫学の発展に伴い、「外科手術」、「放射線療法」、「化学療法・分子標的(低分子)薬」に続く第4の治療法として「免疫療法」が台頭してきた。生体が生来有している抗腫瘍免疫機能を調節する抗体医薬がさまざまながん種に対して有効かつ効果が長続きすることが臨床において実証され、複数の免疫療法と呼ばれる抗体医薬がFDAから認可を受けている。さらに、さまざまな免疫療法の併用によって、抗体創薬はついにがんの根治を目指すという新たなフェーズに突入している。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧22冊の書籍

1~22件/22件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。