【新たな抗体治療の展開】 新たに開発された抗体治療 乳がん

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】最近の10年間で、ヒト上皮成長因子受容体(HER)2陽性乳がんを中心に乳がんに対する抗体治療は大きな発展を遂げてきた。HER2陽性乳がんは最も悪性度の高いサブタイプの1つであったが、抗HER2薬の登場に伴いその予後は改善されてきた。抗HER2薬にはモノクローナル抗体薬、小分子阻害薬、抗体-薬物複合体(ADC)が存在する。抗ヒト化モノクローナル抗体薬であるトラスツズマブは、転移性乳がんに対する治療薬として1990年代後半に登場し臨床現場に大きなインパクトを与えたが、トラスツズマブ耐性のHER2陽性乳がんが課題となっている。また、抗HER2薬2剤を併用するdual HER2 blockadeが試みられ、有効性を示すデータが多く出てきている。さらに、抗HER2薬に細胞障害性薬剤をリンカーで結合させたADCも新たな治療選択肢として期待される。一方で、トリプルネガティブ乳がん(TNBC)を対象とした抗体治療開発も進められている。抗programmed death-1(PD-1)/programmed death-1 ligand 1(PD-L1)抗体薬や抗糖蛋白質nonmetastatic melanoma protein B(gpNMB)抗体薬の臨床試験が進行しており、結果が期待される。本稿では、これまでに蓄積されてきたエビデンス(表1)をもとに乳がん領域における「新たな抗体治療の展開」について概説する。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】最近の10年間で、ヒト上皮成長因子受容体(HER)2陽性乳がんを中心に乳がんに対する抗体治療は大きな発展を遂げてきた。HER2陽性乳がんは最も悪性度の高いサブタイプの1つであったが、抗HER2薬の登場に伴いその予後は改善されてきた。抗HER2薬にはモノクローナル抗体薬、小分子阻害薬、抗体-薬物複合体(ADC)が存在する。抗ヒト化モノクローナル抗体薬であるトラスツズマブは、転移性乳がんに対する治療薬として1990年代後半に登場し臨床現場に大きなインパクトを与えたが、トラスツズマブ耐性のHER2陽性乳がんが課題となっている。また、抗HER2薬2剤を併用するdual HER2 blockadeが試みられ、有効性を示すデータが多く出てきている。さらに、抗HER2薬に細胞障害性薬剤をリンカーで結合させたADCも新たな治療選択肢として期待される。一方で、トリプルネガティブ乳がん(TNBC)を対象とした抗体治療開発も進められている。抗programmed death-1(PD-1)/programmed death-1 ligand 1(PD-L1)抗体薬や抗糖蛋白質nonmetastatic melanoma protein B(gpNMB)抗体薬の臨床試験が進行しており、結果が期待される。本稿では、これまでに蓄積されてきたエビデンス(表1)をもとに乳がん領域における「新たな抗体治療の展開」について概説する。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧22冊の書籍

1~22件/22件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。