【患者指導のコツをエキスパートが伝授!行動変容につながる「すごい魔法の言葉」と言ってはいけない「キケンな言葉」】 会話でわかる!「魔法の言葉」と「キケンな言葉」 (6)運動の効果を感じられず、やめたと言う患者さん

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】未来へのヒントが隠れた、貴重な体験としてふり返る この患者さんは運動の必要性を理解し、自分なりの行動を起こしていたことから変化ステージにおける「熟考期~準備期」だといえます。しかし、自分なりの行動がよい結果につながらず、継続する自信をなくしてしまったと思われます。この時期の患者さんは、よくしたいという気持ちから焦り、激しい運動などの高い目標を設定することがあります。そして「自分が望んだ結果が得られなかった」場合、「効果が出ない=ダメな自分」というレッテルを貼り、自己効力感をますます低下させます。 しかし実際は、「ダメな自分」ではなく、「今の自分に合った方法ではなかった」ことに問題があるのです。ここでは運動療法の仕切り直しとして、落ち込んだ気持ちを切り換え、新たに「できること」として段階的な目標や方法(スモール・ステップ法)を話し合っていくことが重要です。そのためにも、患者さんが「失敗した」と思った出来事から、過去の自分をダメだと思わないように支援する必要があります。失敗を、未来の療養に役立つヒントが隠れた貴重な体験としてふり返り、運動を再開する糸口をみつけるようなかかわりが効果的です。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】未来へのヒントが隠れた、貴重な体験としてふり返る この患者さんは運動の必要性を理解し、自分なりの行動を起こしていたことから変化ステージにおける「熟考期~準備期」だといえます。しかし、自分なりの行動がよい結果につながらず、継続する自信をなくしてしまったと思われます。この時期の患者さんは、よくしたいという気持ちから焦り、激しい運動などの高い目標を設定することがあります。そして「自分が望んだ結果が得られなかった」場合、「効果が出ない=ダメな自分」というレッテルを貼り、自己効力感をますます低下させます。 しかし実際は、「ダメな自分」ではなく、「今の自分に合った方法ではなかった」ことに問題があるのです。ここでは運動療法の仕切り直しとして、落ち込んだ気持ちを切り換え、新たに「できること」として段階的な目標や方法(スモール・ステップ法)を話し合っていくことが重要です。そのためにも、患者さんが「失敗した」と思った出来事から、過去の自分をダメだと思わないように支援する必要があります。失敗を、未来の療養に役立つヒントが隠れた貴重な体験としてふり返り、運動を再開する糸口をみつけるようなかかわりが効果的です。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧18冊の書籍

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。