投稿 上部消化管内視鏡検査における咽頭麻酔の苦痛軽減 キシロカイン(R)飴を用いた咽頭麻酔

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】上部消化管内視鏡検査の咽頭麻酔において、従来法とキシロカイン飴を用いた方法を比較し、飴を用いた方法がより苦痛が少なく麻酔効果には差がないことを検証した。従来法はキシロカインビスカスを用いた従来の咽頭麻酔法であり、飴法はキシロカインビスカスを使用し作成した飴を用いた咽頭麻酔法であった。職員検診にて上部消化管内視鏡検査を受ける人のうち同意が得られた60名を対象とした。対象者を従来法と飴法に無作為に振り分けて麻酔を行い、検査後咽頭麻酔中の苦痛度などを尋ねるアンケートに回答してもらった。アンケートの回収率は95%であった。麻酔中の苦痛度は従来法では50.4mmm、飴法では9.3mmと飴法で有意に苦痛が低かった。麻酔効果消失時間は従来法で40.7分、飴法で29.9分と有意に飴法で早く麻酔効果が消失した。飴法で麻酔を施行した対象者の70%が今まで体験した従来の麻酔法よりも飴法での咽頭麻酔のほうが楽であったと回答した。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】上部消化管内視鏡検査の咽頭麻酔において、従来法とキシロカイン飴を用いた方法を比較し、飴を用いた方法がより苦痛が少なく麻酔効果には差がないことを検証した。従来法はキシロカインビスカスを用いた従来の咽頭麻酔法であり、飴法はキシロカインビスカスを使用し作成した飴を用いた咽頭麻酔法であった。職員検診にて上部消化管内視鏡検査を受ける人のうち同意が得られた60名を対象とした。対象者を従来法と飴法に無作為に振り分けて麻酔を行い、検査後咽頭麻酔中の苦痛度などを尋ねるアンケートに回答してもらった。アンケートの回収率は95%であった。麻酔中の苦痛度は従来法では50.4mmm、飴法では9.3mmと飴法で有意に苦痛が低かった。麻酔効果消失時間は従来法で40.7分、飴法で29.9分と有意に飴法で早く麻酔効果が消失した。飴法で麻酔を施行した対象者の70%が今まで体験した従来の麻酔法よりも飴法での咽頭麻酔のほうが楽であったと回答した。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。