【誌上カンファレンス 慢性II型呼吸不全患者の在宅呼吸ケアに向けた教育とケア】 カンファレンス第三部(201X年11月30日)

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】患者の経過 石原:では、本日のカンファレンスを始めさせていただきます。Aさんについて、酸素療法だけではなくNPPVも必要だということで導入を始めているんですけれども、前回のカンファレンスではご本人もさることながら、奥さんのメンタル面がかなり不安定だったみたいです。その後の経過をまず主治医から報告願います。 西田:Aさんは、NPPVに対する受け入れもよく、上手に装着してくれています。圧設定はIPAP6cmH2O、EPAP4cmH2Oから開始し、本人のアドヒアランスと血液ガス上の目標値を目処に徐々に調整していきました。最終的には、IPAP10cmH2O、EPAP4cmH2Oでもアドヒアランスは良好で、この時点での血液ガス分析上のPaCO2は60.5mmHgと、ほぼ目標値であったAさんの平常値に戻って、pHも7.4と正常値を示しているので、この設定で在宅に向けて準備していこうと考えています。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】患者の経過 石原:では、本日のカンファレンスを始めさせていただきます。Aさんについて、酸素療法だけではなくNPPVも必要だということで導入を始めているんですけれども、前回のカンファレンスではご本人もさることながら、奥さんのメンタル面がかなり不安定だったみたいです。その後の経過をまず主治医から報告願います。 西田:Aさんは、NPPVに対する受け入れもよく、上手に装着してくれています。圧設定はIPAP6cmH2O、EPAP4cmH2Oから開始し、本人のアドヒアランスと血液ガス上の目標値を目処に徐々に調整していきました。最終的には、IPAP10cmH2O、EPAP4cmH2Oでもアドヒアランスは良好で、この時点での血液ガス分析上のPaCO2は60.5mmHgと、ほぼ目標値であったAさんの平常値に戻って、pHも7.4と正常値を示しているので、この設定で在宅に向けて準備していこうと考えています。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。