書籍の詳細

パパの、ぼくのなかに入れて。父・清明へのくるおしい欲望を抑えきれない高校生の暁。清明もまた、ある秘密を隠し続けていて…。それは、二人だけの秘密の儀式――。人気料理研究家の父・清明に十歳まで施された赤ちゃんごっこが最も幸せな記憶である暁は、実の息子でありながら清明へのくるおしい欲望を抑えきれず、山奥の全寮制学園で生徒教師を問わず性交を重ねる毎日。息子の演技にも限界を感じていた誕生日の夜、暁は清明の秘密を暴き、父子の真実を知ることに…。表題作の後日談『狂秋』、輪廻する父子の禁忌を描く『いつの日か、花の下で』を収録。宿命の禁断愛!紙書籍発売時、フェア用に書き下ろされた書き下ろしSS小冊子を収録した特別版!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

誘春【特別版】のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 美麗なイラスト。
    ガチ父子近親相姦モノ。作者の《獣夏》に入っていた誘春の元ネタが面白かったので購入。…かなりパワーアップしてます。口絵の肌色加減が綺麗。白抜きが苛つかせます。イラストも白抜きですが付いているので電車の中等、他人の側では読まない事をお薦めします。
    • 参考になった 6
    投稿日:2016年07月17日