書籍の詳細

目の上のタンコブ的な同期・似鳥を忌み嫌っている志野は、どうにかして陥れたいと謀略を巡らせていた。しかし突然、似鳥に咬みつくようなキスをされた…何で俺が!!? たちまち話題沸騰の天敵リーマンラブコメ

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

咬みつきたいのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    傑作!単なるリーマンものじゃない!
    最初の数ページで「あぁはいはいライバルリーマンものね…」なんて安易に読み出したのに予想を何度も裏切る傑作でした!

    デキる攻がライバルの受を好きだってのは容易にわかる。受が後輩とデキてんじゃないかって勘ぐってやたら攻が後輩を構ってくるの、単純に嫉妬からくる略奪かと思ってたら違う理由もあってすごく上手い!

    その後輩が受と攻の関係に気づいていっちょかみしてくんだけど、ここで単なる当て馬にならず新キャラ登場!この流れ!素晴らしい!

    受と攻の初貫通はさして斬新なプレイとか構図じゃなくても流れが丁寧だから駆け引きでどちらの心情もよくわかる。だから受の喘ぎ声がだんだん大きくなるとことか、イッた直後の静寂とか、そこからのキスがたまらなくイイ!

    「咬みつきたい」のはデキる攻に対して素直になれない受の最後の抵抗かと思いきや、体が繋がっても愛されててもやっぱり自分の存在意義ってそれだけ…?なとこで仕事で奇襲仕掛けるラストの畳み掛け凄かった!これは男同士だからじゃなくて、男女でも仕事を互角でしてるカップルもぶち当たる壁だと思うんだけど痛快なラスト。

    ライバルリーマン同士の恋って設定はよくあるものでも、逆によくあるものだからこそ、ここまで読ませる力のある作品ってなかなかないから多くの人に読んでもらいたい傑作です!絵も素敵!
    • 参考になった 7
    投稿日:2015年11月21日