イングランド銀行の金融政策

1665円 (税別)

獲得ポイント 17pt (1%還元)

3世紀を超える歴史のなか、初めて迎えた外国人総裁マーク・カーニー氏のもと、イングランド銀行の政策運営はどう変わる!?◆マネーサプライ・ターゲティングと為替ターゲティングの失敗を経て導入されたインフレーション・ターゲティングや、中央銀行の独立性、1997年の銀行監督権限喪失(金融サービス機構=FSA体制)を考察。◆2006年5月に採用した新金融調節方式(完全後積み方式の準備預金制度)につき、近年の非伝統的・非正統的な金融政策・調節と対比しつつ、その重要性と特異性、とりわけ量的緩和が不可能な制度設計を検証。◆2007年のノーザンロック危機によって危機モードに突入後、2009年から導入した量的緩和政策について、日本銀行の金融政策と比較しながら概要・理由・効果・課題を詳説。◆金融危機後の金融規制体系変更(FSA体制の解体)とBOEの機能強化、量的緩和政策の弊害(マネタイゼーション)や出口政策の方向性など、カーニー体制下の政策運営を概観し、今後を大胆に予想する。金融論のサブテキスト、ビジネスパーソンのための教養書「世界の中央銀行」シリーズ第1弾!

カゴに追加 1665 円(税別)

3世紀を超える歴史のなか、初めて迎えた外国人総裁マーク・カーニー氏のもと、イングランド銀行の政策運営はどう変わる!?◆マネーサプライ・ターゲティングと為替ターゲティングの失敗を経て導入されたインフレーション・ターゲティングや、中央銀行の独立性、1997年の銀行監督権限喪失(金融サービス機構=FSA体制)を考察。◆2006年5月に採用した新金融調節方式(完全後積み方式の準備預金制度)につき、近年の非伝統的・非正統的な金融政策・調節と対比しつつ、その重要性と特異性、とりわけ量的緩和が不可能な制度設計を検証。◆2007年のノーザンロック危機によって危機モードに突入後、2009年から導入した量的緩和政策について、日本銀行の金融政策と比較しながら概要・理由・効果・課題を詳説。◆金融危機後の金融規制体系変更(FSA体制の解体)とBOEの機能強化、量的緩和政策の弊害(マネタイゼーション)や出口政策の方向性など、カーニー体制下の政策運営を概観し、今後を大胆に予想する。金融論のサブテキスト、ビジネスパーソンのための教養書「世界の中央銀行」シリーズ第1弾!

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。