書籍の詳細

資本主義からシェアリング・エコノミーへデジタル革命の真のインパクトを読み解く第三次産業革命のブレーンが描く、衝撃の未来図!いま、経済パラダイムの大転換が進行しつつある。その原動力になっているのがIoT(モノのインターネット)だ。IoTはコミュニケーション、エネルギー、輸送の〈インテリジェント・インフラ〉を形成し、効率性や生産性を極限まで高める。それによりモノやサービスを1つ追加で生み出すコスト(限界費用)は限りなくゼロに近づき、将来モノやサービスは無料になり、企業の利益は消失して、資本主義は衰退を免れないという。代わりに台頭してくるのが、共有型(シェアリング・)経済(エコノミー)だ。人々が協働でモノやサービスを生産し、共有し、管理する新しい社会が21世紀に実現する。世界的な文明評論家が、3Dプリンターや大規模オンライン講座MOOCなどの事例をもとにこの大変革のメカニズムを説き、確かな未来展望を描く。21世紀の経済と社会の潮流がわかる、大注目の書!日本版向け書き下ろし「特別章」付き!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

限界費用ゼロ社会 <モノのインターネット>と共有型経済の台頭のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • デジタル革命の真のインパクトを読み解く
    近未来を占う新たな潮流として「IoT(モノのインターネット)」や、Uber、Airbnbなどに代表される「シェアリング・エコノミー」が注目を集めている。本書では、こうした潮流が、長く続いた資本主義経済を衰退させようとしていることを指摘している。すなわち、IoTによる生産性と効率性の拡大が限界費用をゼロに近づけ、無料で提供されるモノやサービスが増える。そのことにより旧来型の企業が利益を増やすことが難しくなり、新たに「協働型コモンズ」をベースにした「共有型経済」が台頭。現代の世界はそうした大変革の過渡期にあるというのだ。本書では、その変革のメカニズムを詳細に分析し、未来展望を行っている。また、日本語版には、この潮流の中での日本の立ち位置をドイツとの比較の中で明らかにし、あるべき方向性を提言する特別章が付されている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2015年12月26日