100年後のサラエボ事件 憎悪の歴史が浮かび上がらせる「民族」の正体

200円 (税別)

獲得ポイント 2pt (1%還元)

1914年6月28日、現在のボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都サラエボで起きた、セルビア人青年によるオーストリア皇太子暗殺事件。オーストリアはセルビアに対し宣戦布告、セルビアには同じスラブ系の帝政ロシア、さらに英仏などが味方し、オーストリアには同じゲルマン系のドイツが肩入れし、やがて泥沼の塹壕戦へと発展する。こうして始まった第一次世界大戦で失われた人名は、一千万に達する。日本から見ると過去の事件だが、サラエボを訪ねてみると、100年前の歴史が、今なお人々を動かしていることを肌で感じることができる。1990年代の内戦でも20万とも言われる犠牲者を出した土地で、主要3民族、それぞれ100年前から住む家族の歴史を描いてみることで、ボスニアの歴史と今を描き出してみたい――緻密な取材で「民族」というものの正体を浮かび上がらせる、ユニークなルポ。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:10308文字/単行本換算で18ページ】

カゴに追加 200 円(税別)

1914年6月28日、現在のボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都サラエボで起きた、セルビア人青年によるオーストリア皇太子暗殺事件。オーストリアはセルビアに対し宣戦布告、セルビアには同じスラブ系の帝政ロシア、さらに英仏などが味方し、オーストリアには同じゲルマン系のドイツが肩入れし、やがて泥沼の塹壕戦へと発展する。こうして始まった第一次世界大戦で失われた人名は、一千万に達する。日本から見ると過去の事件だが、サラエボを訪ねてみると、100年前の歴史が、今なお人々を動かしていることを肌で感じることができる。1990年代の内戦でも20万とも言われる犠牲者を出した土地で、主要3民族、それぞれ100年前から住む家族の歴史を描いてみることで、ボスニアの歴史と今を描き出してみたい――緻密な取材で「民族」というものの正体を浮かび上がらせる、ユニークなルポ。※本商品は通常の書籍より文字数の少ないマイクロコンテンツです。【文字数:10308文字/単行本換算で18ページ】

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。